看護部より 

サイト内検索浜松市のホームページ制作・スマートフォンサイト・高機能CMSサイト管理画面

Home > 当院について > 看護部より

看護部より
北斗わかば病院看護部の目指すもの
北斗わかば病院 副院長 市川 美江子

 私たちには、開院以来、変わらずに取り組み続けてきた3つの目標があります。

● 医療依存度の高い患者様、神経難病の患者様が安心して療養できる病院となる。

● 充実したリハビリテーションを提供し自宅へ退院するための支援ができる。

● 清潔で臭いがない、快適な療養環境を提供する。


 この目標を達成するために、日々努力をしております。

 医療依存度の高い患者様、神経難病患者様の受け入れに関しては、人工呼吸器を装着された患者様の長期療養を担うという取り組みを開院から一貫して継続してまいりました。現在も20名を超える人工呼吸器装着患者様が安定して長期の療養生活を送ってらっしゃいます。それ以外にも、医療処置が多く自宅での介護負担が大きい患者様や神経難病を患い専門性の高い医療的管理を必要とする患者様を多数受け入れ、県西部地域での療養病院としての役割を担っております。

 リハビリテーションにつきましては、難病患者のリハビリテーションに精通したセラピストと週に1回の多職種カンファレンスを開催し、連携を密にすることで退院支援に積極的に取り組んでいます。医療療養病床としては先駆的に退院支援に取り組み、病棟にも担当者を配置することで、現在退院支援加算1を算定しております。

 清潔な療養環境につきましても、患者様の日々の暮らしの質を重視し、週に3回の入浴と日に3回の口腔ケアを継続しております。


 私が、副院長として、看護部門の責任者として日々取り組んでいることをお話させていただきます。

  • (1) 看護師の専門性の追求、介護士のスキルアップ
     看護師は医療の専門職であり、医師数の少ない医療療養病床において医学的管理の多くを担っています。そうした中で難病看護や医療依存度が高い慢性疾患患者の看護についての学習に力を入れております。難病看護としては、日本難病看護学会認定の難病看護師の育成に取り組み、昨年度も1名が合格いたしました。人工呼吸器装着等の医療依存度の高い慢性疾患患者の看護についても、定期的に院外からスペシャリスト(専門看護師、認定看護師)を招き、研修会を開催することでレベルアップを図っています。介護士については、介護主任がリーダーシップをとれるように、継続的に院外研修へ参加するように計画し、院内でも月に1回の学習会の場を設けています。
  • (2) 倫理観の醸成
     神経難病は、現代の医学では根治することのない疾患であり、その療養過程は多くの症状と向き合い、治療方針の選択を繰り返すものです。経管栄養を導入するのか否か、気管切開をするか否か、人工呼吸器を装着するか否か。そうした長期の療養において、患者様本人とご家族様に十分な情報提供が行われた上での自己決定は、大変重要であり、患者様にとって必ず保障されなくてはいけないと私たちは考えています。患者様とご家族が納得して治療方針を選択していけるように、サポートする私たち医療スタッフは高い倫理観を持ち、常に患者様とご家族様の支援者でありたいと思います。
  • (3) 3. 働き続けられる職場づくり~ワークライフバランス~
     働き続けられる職場を作る為に、シンプルに「残業なし」を達成しています。さらに多様な勤務形態を設定することで、子育て中でもセカンドキャリアでも大学院への通学中でも、自身のライフスタイルを守りつつ、仕事ができるように取り組んでいます。離職率は3%台で毎年推移しており、キャリアを積んだ経験豊かなスタッフが、北斗わかば病院看護部の誇りです。

平成29年7月25日
北斗わかば病院 副院長
市川 美江子

看護ケアに関して

当院の看護ケアについて紹介します

  • ・神経難病患者の看護

    当院は開設以来、多くのALSやパーキンソン病患者様にご利用いただいております。その経験から、看護師は、ALS患者様に多く生じる頻回の体位変換や吸引オーダーに熟練し、伝の心や文字盤の使用についても病棟内のスタッフが指導を受けています。また、パーキンソン病特有のon offなどの症状やきめ細かな内服調整に対する理解もできております。看護にあたるスタッフは、日本難病看護学会への参加やセミナーへの参加を通じてスキルアップを図っており、院内での神経難病に関する学習会も定期的に開催しています。

    このように、神経難病看護については多くの経験と学習を重ねており、入院中の患者様から信頼を得ています。

    いくつか患者様からいただいた声を紹介します。

    「今まで利用した病院や施設でALSの症状についてなかなか分かってもらえず、体位変換を頼むのも遠慮があったが、ここのスタッフさんは病気の特徴を知っていてくれて安心できる」「パーキンソン病のon offについて、職員さんの理解があって、動けない時に速やかに手を貸してくれるので、助かっています。」といったご意見を頂戴しています。

  • ・清潔ケア

    当院では、口腔ケアは3回/日行っております。定期的に外部講師を招いた研修会を行い、手技の向上にも努めております。また、入浴回数は3回/週となっており、体調に支障がなく、患者様ご本人の同意が得られれば、入浴していただいています。また、人工呼吸器装着患者様にも2回/週は入浴をしていただいております。

  • ・退院支援活動について

    当院は療養病床ですが、入院していただくすべての患者様に退院支援計画書の説明をさせていただいています。当院の方針であるところの、「自宅へ退院することを支援する」に基づき、患者様やご家族のご希望を伺いながら住み慣れた地域での生活を目指す援助を提供しています。退院支援室の設置はもとより、各病棟に退院支援を担当する看護師がおり、療養病床の特性を活かした「十分な時間をかけて家族が介護を習得し、安心して自宅へ退院できる」という目標を持って活動しています。退院支援室はもとより、各病棟にも介護支援専門員資格を持つ看護師がおり、介護保険の利用に関しても患者様のご相談に対応させていただいています。

平成29年度 看護部目標
『地域と連携し、患者様のQOL向上のため、看護部としての役割を果たします。チームワークで「個」にこだわった「快」生活の実現を目指します』
北斗わかば病院 看護部長
渥美 加寿子

お問い合わせ

TELTEL053-588-5000
FAXFAX053-588-5001
医療法人社団 三誠会
北斗わかば病院
住所:
静岡県浜松市浜北区於呂3181番地1
詳細はこちら