内視鏡検査・検診 

サイト内検索浜松市のホームページ制作・スマートフォンサイト・高機能CMSサイト管理画面

Home > ご利用案内 > 外来受診 > 内視鏡検査・検診

内視鏡検査・検診
内視鏡検査・検診の紹介

“内視鏡”による『胃がん検診』、またはおなかの調子が思わしくない時には、是非ご相談ください。
経験豊富な“消化器内科医師”による、鼻から入れることも出来るタイプの内視鏡を使用しています。
検査を受ける方にとって、とってもラクな検査になりました。

内視鏡検査・検診の実施日

月・水 9:00〜11:30 
※内視鏡検査・検診の問診は事前に行いますのでご連絡ください。



内視鏡検診 医 師 名 吉田 賢一
 
吉田医師
 
経歴
平成04年 三重大学医学部卒
平成04年 浜松医科大学第一内科入局
平成05年 国立熱海病院内科勤務
平成06年 聖隷浜松病院内科勤務
平成12年 浜松医科大学医学部大学院入学
平成16年 浜松医科大学第一内科勤務
平成18年 県西部浜松医療センター消化器科勤務
平成19年 浜松医科大学医学部大分子診断学講座 特任助教
平成22年 医療法人社団 三誠会 北斗わかば病院
医学博士、日本消化器内視鏡学会専門医、日本消化器病学会専門医、総合内科専門医、日本消化管学会胃腸科認定医
胃カメラ検査を受けましょう!

胃カメラ検査でわかる病気には、胃潰瘍・十二指腸潰瘍、胃炎の他に食道がんや胃がんなどの悪性の病気があります。
食道がんや胃がんは早期に発見することにより、お腹を切らずに“内視鏡”による治療で治すことが可能になってきています。胃のあたりが痛む、もたれる、食欲が無いなどの症状がある方は、お気軽にご相談下さい。症状の無い方も年に1回程度は、胃カメラ検査を受けておくと安心です。
またヘリコバクター・ピロリ検査、除菌治療も行っております。ヘリコバクター・ピロリ菌は胃潰瘍・十二指腸潰瘍、胃がん、胃MALTリンパ腫、萎縮性胃炎、胃過形成性ポリープ、機能性ディスペプシア(上腹部不定愁訴)と関連があると言われており、日本ヘリコバクター学会ではピロリ菌に感染しているすべての方に、除菌を受けることをお勧めしています。

【胃がんリスク検診】で胃の健康度チェックをしてみませんか?

【胃がんリスク検診】とは胃の健康度を調べる血液検査のことをいいます。
胃粘膜萎縮マーカーのペプシノゲン(PG)検査と、胃がんや胃・十二指腸潰瘍の原因と言われている、ヘリコバクター・ピロリ抗体価検査の2種の血液検査を組み合わせて、胃の健康度を調べる検査です。≪胃の健康度≫に応じてA~Dの4群にリスク分類し、このリスクに応じた検診間隔を設定し、効率的に検診を行う方法です。*保険診療適用外です。