胃内視鏡検査 

サイト内検索浜松市のホームページ制作・スマートフォンサイト・高機能CMSサイト管理画面

Home > ご利用案内 > 特別外来 > 胃内視鏡検査

胃内視鏡検査

北斗わかば病院の胃内視鏡検査は苦しくない!

~ 苦痛が少ない 安全で楽な 鼻からのカメラ ~

当院では経験豊富な消化器内科の内視鏡専門医が対応しております。
ご不明な点や不安に思っている事がございましたら 遠慮なくご相談ください。



内視鏡専門医 吉田 賢一

医学博士、総合内科専門医
日本消化器内視鏡学会専門医、日本消化器病学会専門医

吉田医師

先端に小さなカメラを内蔵した内視鏡を使用し、食道、胃、十二指腸の途中まで観察します。
鼻には十分に麻酔をしますので痛みはほとんどなく、口からのカメラのような“オエッ”となる 反射もありません。検査をしながら会話ができるくらい安心して検査を受けていただけます。


鼻からの挿入が難しい方・抵抗がある方

専用のマウスピースと経鼻用のカメラを使用して
口から挿入する方法もございますので ご安心ください
かなり反射を抑えて検査を受けていただくことができます


鎮静剤による負担軽減

以前受けた内視鏡検査で苦しかった方、緊張・不安の強くある方などには
ご希望があれば鎮痛剤や鎮静剤を使用いたします。お気軽に医師にご相談ください!
※高齢の方、薬アレルギーの方などには鎮痛剤・鎮静剤を使用できない場合もございます

検査の説明と問診

  • 専門医からの説明を受け、同意された方は 検査日を決定します
     ⇨内服状況やアレルギー等 いくつか質問をさせていただきます

検査前日

  • 夜9時以降は食べ物をとらないでください
  • 暴飲暴食はせず、消化の悪い(脂っぽい)ものは控えてください
  • 水や白湯でしたら飲んでもかまいません


検査当日

  • 朝の食事はとらないでください
  • 内服薬に関しては医師の指示(問診時)に従ってください


受付

  • 予約票の来院時間を確認の上 受付へお越しください


検査前の準備

  • 胃の中を観察しやすくするため 消泡剤を飲みます
  • 両鼻に血管収縮薬(スプレー)を噴霧します
     ⇨鼻の粘膜の腫れや充血をとり 鼻腔を広げて内視鏡を通りやすくするために行ないます
  • 鼻腔に麻酔(ゼリー)を入れ 数分待ちます
     ⇨局所麻酔のため眠くなりません、基本的には左鼻で検査を行ないます
  • 麻酔薬を塗った細くて軟らかいチューブを鼻から挿入します
     ⇨鼻の痛みを防ぎ、内視鏡の通りをスムーズにするために行ないます


内視鏡検査

  • 左側を下にして横になり、力を抜いていてください
  • 鼻から内視鏡を挿入、食道、胃、十二指腸を観察していきます
     ⇨検査時間は10~15分程度
     ※組織を採取する場合もありますが、痛みはほとんどありません
  • 結果の説明と今後についてお話します


検査終了後

  • 会計が済み次第、お帰りいただけます
     ⇨気分が悪くなければ 車の運転、お仕事、家事などがすぐに可能です
  • 検査終了から60分以降に食べたり飲んだりできます
  • 検査中に空気を入れるためお腹が張る場合があります
     ⇨ゲップやおなら等でガスが出れば なおります
  • 検査後は鼻水が出やすくなりますが、自然と回復していきます
     ⇨翌朝まで検査側の鼻を強くこすったり、かんだりすることは避けてください
  • 組織を採取した場合は、2~3日は刺激物の食事は避けてください


再来院のお願い

  • 帰宅後、検査による痛みや症状がでた場合は 直ちにご来院ください
  • 組織を採取した場合は 次回予約表をお渡しします


洗浄消毒について

  • 1人1人 十分な洗浄消毒を行ない、感染防止策を徹底しています
     ⇨自動洗浄消毒器を使用していますので 安心してお受けください


その他

  • ピロリ菌に対する検査(血液検査、尿素呼気試験)も行なっております
  • ピロリ菌が陽性だった場合は、除菌も可能です

~ ご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください ~


お問い合わせ

TELTEL053-588-5000
FAXFAX053-588-5001
医療法人社団 三誠会
北斗わかば病院
住所:
静岡県浜松市浜北区於呂3181番地1
詳細はこちら
北斗わかば病院リクルートサイトバナー
事業計画及び財務内容の公開

医療法人社団 三誠会の事業計画や財務内容を公開しています。当院に於いて閲覧可能です。総務課にて対応致しますので受付窓口にお申し出ください。