リハビリの療法士が吸引を実施するようになりました 

サイト内検索浜松市のホームページ制作・スマートフォンサイト・高機能CMSサイト管理画面

Home > リハビリテーション部 > 部内研修・院外活動 > リハビリの療法士が吸引を実施するようになりました

リハビリの療法士が吸引を実施するようになりました

当院では、今年の4月よりリハビリの療法士が気管吸引を実施するようになりました。神経難病患者様の入院が多い当院では、142床中70%の患者様が気管吸引を必要とされています。その中で、リハビリテーション中に気管吸引が必要となる場面も多くなっています。
従来、気管吸引は医療行為であるため、医師もしくは看護師が実施していましたが、厚生労働省によるチーム医療推進の観点から理学療法士、作業療法士及び言語聴覚士が実施できる行為とされました。これを受け、当院でも、リハビリの訓練により排出されてきた痰を「速やかに」「効果的に」除去するために、「気管吸引は療法士が実施できる行為」と位置づけました。

安全に気管吸引を実施するために、ガイドラインを作成し、教育、研修を行っています。 内容は、「呼吸器系の基礎知識」「気管カニューレについて」「排痰法」「人工呼吸器の取り扱い」「デモ機を使用した気管吸引の実技」などです。

「人工呼吸器の取り扱い」では、当院で使用している人工呼吸器のメーカーの方にお願いし、講義を行っていただきました。

みんな真剣に聴いてます。

実際に、マスクを装着し呼吸器を作動するという体験もしました。

人工呼吸器の取り扱い 講義 人工呼吸器の取り扱い 講義

「苦しい」という意見や、「楽に呼吸ができる」「よく眠れそう」というような、さまざまな感想がきかれました。
このような体験は、患者様の思いを理解するために、とても大切なことだと実感しました。

平成27年7月の段階では、6名の療法士が気管吸引を実施できるようになっています。今後も安全に、確実に知識や技術を習得するために、少人数での教育、研修を行っています。
当院では、これからも気管吸引を実施することができる療法士を増やしていく予定です。