LSVT BIG® & LSVT LOUD®をもっと詳しく 

サイト内検索浜松市のホームページ制作・スマートフォンサイト・高機能CMSサイト管理画面

Home > リハビリテーション部 > リハビリテーションの新たな形 > LSVT BIG® & LSVT LOUD®をもっと詳しく

LSVT BIG® & LSVT LOUD®をもっと詳しく
パーキンソン病に特化したリハビリテーションプログラム

LSVT BIG & LSVT LOUD とは

アメリカのRamingらが考案したパーキンソン病に特化したリハビリテーションプログラムです。

LSVT BIG 運動障害に対する治療法(動きを大きくする訓練)
LSVT LOUD  発話障害に対する治療法(声を大きくする訓練)



パーキンソン病の症状と治療について

パーキンソン病の代表的な症状は下記の4つがあります。

  • 身体の動きが遅くなる(無動・寡動)
  • 手足がふるえる(振戦)
  • 手足の筋肉がこわばる(固縮)
  • 倒れやすくなる(姿勢反射障害)

症状について

そして上記のような症状の治療方としては主に3つあります。

  • 薬物療法(L-ドパ)
  • 神経外科的療法(DBS-STN)
  • 音声および身体運動訓練

治療法


「身体の動きが遅くなる(無動・寡動)」という症に対して、治療法の一つの「音声および身体運動訓練」の役割を持ったLSVT BIG」と「LSVT LOUDというリハビリテーションプログラムで症状を緩和し、機能の改善を目指します。
 

LSVT BIG の内容と効果

LSVT BIG®の様子

LSVT BIG の内容

LSVT BIGは、体を大きく動かすことを意識するリハビリテーションプログラムです。

パーキンソン病の方は、体の動きが小さくなりがちなため、集中して大きな動きを行うことで、正常に近い動きを獲得していきます。

LSVT BIG の効果

研究では、治療を受けたパーキンソン病患者の運動機能の試験成績が改善したことや、治療終了後から16週間後も効果が維持されるなどの報告があります。

  • 1つめの項目より大きな歩幅で、より速い歩行
  • バランスの改善
  • 体幹の回転量増加
  • 寝返りなど日常生活動作の改善
  • UPDERS運動系スコアの改善
    (※UPDERS:The Unified Parkinsonʼs Disease Rating Scale パーキンソン病の臨床評価スケールのこと

LSVT LOUD の内容と効果

LSVT LOUD

LSVT LOUDの内容

LSVT LOUDは、大きな声を出すことを意識するリハビリテーションプログラムです。

パーキンソン病の方は、会話する声が小さくなりがちなため、声を大きく出す習慣を身につけて、日常会話の音声と発話の両方を改善していきます。

LSVT BIG の効果

パーキンソン病患者の音声及び、発話障害に対する治療法として、レベル1のエビデンスと有効性を確立され、その他の神経障害にも適用可能な初めての発話治療法

  • 治療の前後で比較すると、患者の90%で音声の大きさが改善
  • 患者のおよそ70%が治療後12ヵ月から24ヵ月間にわたって治療による改善効果が維持。
    ただし、脳深部刺激療法(DBS)を行なっている場合は効果が減少する場合がある。
  • 全ての患者からコミュニケーション能力が改善したと報告されている


LSVT BIG・LSVT LOUDの実施
LSVT BIG・LSVT LOUDの資格認定されたPT/OT/STがマンツーマンで担当します

【訓練回数】
  • 週に連続4日を4週間

  • 1ヶ月に16回のセッション

  • 1回60分のセッション

  • 毎日の効果持続のための課題(月に30日)

  • 毎日の宿題(月に30日)

  • 個別訓練がない日は1日2回の宿題があります


LSVT BIG・LSVT LOUDの対象者


下記の8つの適応基準に合うかどうか確認させていただきます

  • パーキンソン病を有する方(ホーン&ヤール重症度I~III)

【ホーン&ヤール重症度とは?】

I度 障害は身体の片側のみで、日常生活への影響はほとんどない。

II度 障害が身体の両側にみられるが、日常生活に介助は不要。

III度 明らかな歩行障害が現れ、バランスを崩し転倒しやすくなる。なんとか介助なしで日常生活は可能。

IV度 日常生活の動作が自力では困難で、その多くに介助が必要。

V度 車椅子またはベッドで寝たきりで、日常生活では全介助が必要。


  • 約1ヵ月間の入院が可能であること。または、通院で週4回(連続)×4週間+初期・最終評価の2回の合計18回の通院が可能であること

  • 症状が安定していること(服薬の調整ができている方)

  • リハビリや自主トレーニングに意欲的であること

  • 医師の判断により、LSVTによる改善が見込めること

  • 声掛けのもと、動作や声量の大きさに変化が生じること

  • 当院の入院規定に同意できること

  • 休日、家族または家族に準ずる人が自主トレーニングに立ち会うことが 可能なこと(困難な場合は、応相談とする)

※LSVTの回数は初期・最終評価を含め合計18回です
※8つの基準に合う方のみ、LSVTが実施できます



LSVT BIG・LSVT LOUDの訓練スケジュール

LSVT BIG®・LSVT LOUD®の訓練スケジュール


※4週間の治療終了後は、1ヵ月後、3ヵ月後、6ヵ月後に外来にて状態確認をさせていただきます。


LSVT BIG®/LSVT LOUD® 運用フローチャート(流れ図)





LSVTBIG&LOUDを受けるための経済的負担

入院で受ける場合

 医療費+入院費 約15万~16万円/

特定疾患受給者証がある場合

 約1011万円/

外来で受ける場合

 保険料3割負担 16回の受診と訓練 53,136


※特定疾患受給者証があり、負担限度額が決まっている場合はその限度額まで(1,000円~30,000円)




本治療法の詳細情報につきましては、お問い合わせフォームからお願いいたします

本治療は、基本的に約1ヵ月間の入院での治療とさせていただきます。
尚、入院費・入院規定等の詳細につきましては、当院パンフレットをご参照下さい。
外来での治療をご希望の場合は、応相談とさせていただきます。

医療法人社団 三誠会 北斗わかば病院

メールでお問い合わせをいただいた後、こちらからご連絡致します。
※医療関係者以外の電話でのお問い合わせはお受けできませんので、
一般の方は「お問い合わせフォーム」からご連絡下さい。


 

お問い合わせ

TELTEL053-588-5000
FAXFAX053-588-5001
医療法人社団 三誠会
北斗わかば病院
住所:
静岡県浜松市浜北区於呂3181番地1
詳細はこちら
北斗わかば病院リクルートサイトバナー
事業計画及び財務内容の公開

医療法人社団 三誠会の事業計画や財務内容を公開しています。当院に於いて閲覧可能です。総務課にて対応致しますので受付窓口にお申し出ください。