HAL®腰タイプ 介護・自立支援用を導入しました!! 

サイト内検索浜松市のホームページ制作・スマートフォンサイト・高機能CMSサイト管理画面

Home > リハビリテーション部 > リハビリテーションの新たな形 > HAL®腰タイプ 介護・自立支援用を導入しました!!

HAL®腰タイプ 介護・自立支援用を導入しました!!

新たに導入したHAL®腰タイプは立ち上がり動作能力の維持・向上を目標に行います。

HAL®腰タイプ 介護・自立支援用・タイトル画像画像提供:CYBERDYNE(株)

HAL®腰タイプ 介護・自立支援用を新たに導入しました!!

当院では、2016年よりHAL®医療用下肢タイプを導入・運用開始し、現在まで保険適応である8疾患に対して実施してきました。

HAL®医療用下肢タイプは歩行能力の維持・向上、進行抑制効果が目標でしたが、
新たに導入したHAL®腰タイプ介護・自立支援用(以下、腰HAL)は
立ち上がり動作能力の維持・向上を目標に行います。

< HALとは? >

HAL®(Hybrid Assistive Limb)とは、装着者の意思に従った運動を行うことにより、
身体機能の維持・向上や自立度を高めることが期待されます。

< 腰HALの特徴 >

腰HALは、立ち座りやスクワット動作を繰り返し行うことで、
立ち座りの安定性向上、立ち座りのしやすさの改善が期待できます。

< 腰HALの運動 >

腰HALでの運動は基本的に以下の4種目を行ないます。
比較的、簡単な運動になっていますので様々な方に使用できると思います。

  1. 1. 骨盤前後傾
  2. 2. 体幹の前後屈
  3. 3. 立ち座り
  4. 4. スクワット
一般の方の問い合わせはメールでのみ受付ております。
ご理解の程、よろしくお願い致します。
HAL®について詳しく知りたい方はこちら

お問い合わせ

TELTEL053-588-5000
FAXFAX053-588-5001
医療法人社団 三誠会
北斗わかば病院
住所:
静岡県浜松市浜北区於呂3181番地1
詳細はこちら
北斗わかば病院リクルートサイトバナー
事業計画及び財務内容の公開

医療法人社団 三誠会の事業計画や財務内容を公開しています。当院に於いて閲覧可能です。総務課にて対応致しますので受付窓口にお申し出ください。