3Dプリンターによるリハビリテーション自助具の製作 

サイト内検索浜松市のホームページ制作・スマートフォンサイト・高機能CMSサイト管理画面

Home > リハビリテーション部 > リハビリテーションの新たな形 > 3Dプリンターによるリハビリテーション自助具の製作

3Dプリンターによるリハビリテーション自助具の製作

この度、北斗わかば病院リハビリテーション部では、3Dプリンターを導入いたしました。
これにより、リハビリテーションの質と患者様満足のいっそうの向上に繋げていこうと考えています。

3Dプリンターとは

データを元に、溶かした樹脂を一層一層少しずつ積層しながら、立体物を印刷するものです。
従来のプリンターと呼ばれているものは紙などの平面(2D)にインクを出し、文字など印刷するものですが、3Dプリンターは、さまざまな方式で材料を積層させ、立体物を作り上げていきます。

導入によって

3Dプリンター

現在、コミュニケーション機器や自助具は既製品を使っている方が多くいらっしゃいますが、実際に使用してみると「手の形に合わない」「使用しにくい」という声が多く聞かれています。

今回の導入によって、一人一人のニーズに合わせた形が作ることが可能となりました。

今回の3Dプリンターを使用することで、様々な形を作り出すことが可能となり、患者様一人一人のニーズに合わせた自助具の作成や、コミュニケーション機器や呼び出し鈴と連動したスイッチの作成ができるようになりました。

当病院では神経難病の方々が入院されていますが、日々、症状は進行していきます。症状の進行度合い、今後の見通しに合わせて、各セラピストが適宜適切な自助具の提案、スイッチの提案を行なっています。

スイッチの作成は少し難しいイメージがありますが、経験の少ないスタッフでも対応できるように勉強会を行なっています。

現状況では発展途上の段階ではありますが、セラピスト全員、日々進歩しているテクノロジーを駆使して、入院患者様のQOL向上を目指して検討していきます。


お問い合わせ

TELTEL053-588-5000
FAXFAX053-588-5001
医療法人社団 三誠会
北斗わかば病院
住所:
静岡県浜松市浜北区於呂3181番地1
詳細はこちら
北斗わかば病院リクルートサイトバナー
事業計画及び財務内容の公開

医療法人社団 三誠会の事業計画や財務内容を公開しています。当院に於いて閲覧可能です。財務課にて対応致しますので受付窓口にお申し出ください。