平成28年 師走 Dr.長嶋の医療コラム 

サイト内検索浜松市のホームページ制作・スマートフォンサイト・高機能CMSサイト管理画面

Home > お知らせ&医療コラム > 医療コラム > 平成28年 師走 Dr.長嶋の医療コラム

医療コラム

平成28年 師走 Dr.長嶋の医療コラム

冷え性対策には手足を温めるのが肝心です。

師走の声が聞こえた途端 朝晩めっきり冷えこみを感じる今日この頃ですが、皆様お変りございませんでしょうか ?! 風邪等ひかぬよう 充分お気をつけ下さい。

今月は ≪ 冷え症 ≫ について考えてみたいと思います。
これからの季節指先から腕へ、足先からふくらはぎへと冷たさがだんだん広がって眠れないという方も多くなるのではないかと思います。
この ≪ 冷え症 ≫ は 一般的に手足の皮膚温が下がり、冷たくなることを指しています。
外気温が下がることで手足の交感神経が刺激され、血管が収縮して血流が少なくなり 冷たさを感じるのだと云われています。
皮膚温が下がる原因は、外気温が下がっている場合に起こる事が多いのですが、皮膚が気温を寒いとか冷たいと感じるのは 個人差がある為、症状として表れる方、表れない方がいます。
この ≪ 冷え症 ≫ を改善するのに、手や足の指先の運動をして 手足を温める事が肝要です。
手袋 ・ 靴下 ・ カイロ等、 勿論 皆様もいろいろ試されていることと思います。
湯タンポもとても効果的です
また 少量のアルコールや薬用酒等 有効な場合もあります。
それぞれ自分に合った対処方法を選んで試してみてください。

≪ 冷え症 ≫ と云われている中には、病的なものがあります。
それは 「 しもやけ 」 「 レイノー症候群 」 「 バージャー病 ( 閉塞性血栓血管炎 )」 「 閉塞性動脈硬化症 」 等と呼ばれる疾患群です。
いずれも 血管の病気と云われていますが、「 しもやけ 」 「 レイノー症候群 」 等は 手指や爪先が冷えるだけでなく、皮膚が紫色にまで なってしまう症状が特徴です。
皮膚が紫色に変わるだけでなく、さらに悪い状態になった場合 指先や爪先が懐死に陥り、「 かさぶた ( 痂皮 )」 等が 生じてしまうことがあります。
「 バージャー病 」 や 「 閉塞性動脈硬化症 」 等に罹った方は、医療機関を受診し治療を受けてください。

これからの季節は寒さ対策だけでなく、保温や保湿にも気を配り 気持ち良くお布団へ入れるように致しましょう ヽ(^。^)ノ



  • POSTED at 2016年12月16日 (金)

お問い合わせ

TELTEL053-588-5000
FAXFAX053-588-5001
医療法人社団 三誠会
北斗わかば病院
住所:
静岡県浜松市浜北区於呂3181番地1
詳細はこちら
北斗わかば病院リクルートサイトバナー
事業計画及び財務内容の公開

医療法人社団 三誠会の事業計画や財務内容を公開しています。当院に於いて閲覧可能です。総務課にて対応致しますので受付窓口にお申し出ください。