平成29年 葉月 Dr.長嶋の医療コラム 

サイト内検索浜松市のホームページ制作・スマートフォンサイト・高機能CMSサイト管理画面

Home > お知らせ&医療コラム > 医療コラム > 平成29年 葉月 Dr.長嶋の医療コラム

医療コラム

平成29年 葉月 Dr.長嶋の医療コラム

今回は ≪ 気力 ≫ について詳しくお話したいと思います。

 今年の夏は昨年にも増して暑さを感じます (@_@;) 皆様如何お過ごしでしょうか ?!
 私も 少々活動が鈍くなってきてはおりますが、何とか (*^。^*) 毎日を過ごしている状況であります。

前回 ≪ 気力 ≫ についてお話をしましたが、この ≪ 気力 ≫ を高める事が重要だと考えています。また ≪ 気力 ≫ を何かに向け挑んでゆくことの必要性を強く感じております。
仕事の世界で ≪ 気力 ≫ を充実させるのは 現役世代の方々にお任せし、定年を過ぎ70歳を超えた皆様も、何か ≪ 気力 ≫ を充実させるものを探しましょう。
 昔していた仕事に関係したこと、或いは趣味の世界で気力を充実させられるものを探してみるのもいいのではないでしょうか興味のある事が見つかると自然にその事について調べてみたり、どんなふうにやってみようかと考えて楽しめるはずです。
 問題となるのは無気力になってしまった方です。無気力になってしまった方にどのようにして気力を取り戻してもらうかということです。その方が興味をもてるものを、探っていく作業は困難で大変なことですが、私達医療や介護に従事している者こそ、この困難で根気のいる作業に取り組むべきだと考えます。
 対象となられた方と触れ合いを重ねてゆく時間と努力が必要ですが、触れ合う為の時間をもつ事が難しいという現実もあります。
 限られた時間の中で出来る交流には限界があります。対象となられた方と一緒に暮している方々からの情報などを基とし、一緒に考えてゆくことも重要です。
 無気力になられた方の普段の生活を理解している方々から、対象となられた方の【自分史 】に纏わるお話を伺って、子供の頃のこと、仕事のこと、趣味について等々、その中から何とか気力を取り戻していただけるような話題を探して、日常会話に取り入れ、触れ合いをもてるように日々努力してゆくことが肝要かと考えます。 

 最近 「 老々介護 」 が話題となっていますが、このような状況になった場合には是非第3者に入っていただいて、何かと相談に乗って貰うことも必要だと思います。
 第3者が入る事を “ 是 ” としない方や状況もあるかもしれませんが、そういった場合であったとしても、時には少々強引に入ってゆく事も必要だと考えます。
 周囲の人達が話を聞いたり相談に乗ってあげることで、解決出来る事もあるはずです。
 これからの社会は、昔よりも もっともっと周りの人達が協力し合うことが必要になってくるのではないでしょうか !!

 時節柄 ご自愛ください <(_ _)>

フッター画像


  • POSTED at 2017年08月10日 (木)

お問い合わせ

TELTEL053-588-5000
FAXFAX053-588-5001
医療法人社団 三誠会
北斗わかば病院
住所:
静岡県浜松市浜北区於呂3181番地1
詳細はこちら
北斗わかば病院リクルートサイトバナー
事業計画及び財務内容の公開

医療法人社団 三誠会の事業計画や財務内容を公開しています。当院に於いて閲覧可能です。総務課にて対応致しますので受付窓口にお申し出ください。