平成29年 師走 Dr.長嶋の医療コラム 

サイト内検索浜松市のホームページ制作・スマートフォンサイト・高機能CMSサイト管理画面

Home > お知らせ&医療コラム > 医療コラム > 平成29年 師走 Dr.長嶋の医療コラム

医療コラム

平成29年 師走 Dr.長嶋の医療コラム

今回は ≪ 腰痛 ≫ について詳しくお話したいと思います。

 星空の美しい季節となりました。皆様いかがお過しでしょうか ?!
 寒さ厳しき折り、お体には充分お気を付け下さい (*^。^*)

 今月は 「腰痛」 について考えてみます。
 腰痛を起こす疾患は非常に多くあり、変形性腰椎症 ・ 椎間板ヘルニア ・ 脊柱管狭窄症 ・ 圧迫骨折やギックリ腰と言われている病態も含まれます。
 腰痛と伴に下肢に痛みや痺れが起こる病状もあります。また 急性腰痛と慢性腰痛という分け方もありますね。
 下肢の痺れや痛みなどの症状を伴う腰痛の場合には、すぐに 病院へかかってレントゲンを撮ったり、状態によっては MRIやCTなどの検査を受けて下さい。

 今回は症状のない慢性的な腰痛症について、考えてみたいと思います。
 腰 ・ 腰背部 ・ 骨盤辺りに慢性的に痛みが或る状態を想像してください。
 例えば、変形性腰椎症 ・ 圧迫骨折など慢性的に症状が継続して出るものとか、ギックリ腰を発症してから3 ~ 4日たったあとの症状のような状態などですね。
 これらの腰痛の場合には、安静にしないことがポイントです。先の事を考えると痛みがあったとしても、湿布を貼ったり痛み止めを服用したりして、痛みを誤魔化しながら体を動かし続ける事が必要です。そうしていた方が良かった、というケースが多くあります。様子を見ながらそろそろと、少しずつだけれども継続して、無理のない範囲で、腰に負荷をかけるように動かしてゆくことが肝要です。
 ウォーキングをするのも良いでしょう。ラジオ体操を軽く(一生懸命ではなく、あくまでも軽く)やってみるもよし、腰の捻転や屈伸は 様子を見ながら少しずつ、行ないましょう。どうしてなのかというと、腰の過度の安静は、弱い腰をつくってしまう恐れがあるからです。
 腰背部 ・ 腰椎の両側近傍辺りを両手で押さえて支えながら、または 指圧のように強く指で自分の腰を押しながら、捻りや屈曲 ・ 背屈などをやってみて下さい。
 そうして 毎日少しずつ運動の時間を延ばしてみて下さい!そのようにして腰背部を鍛え、更なる腰痛を防ぐことを目標にしてみましょう。ラジオ体操を思いっきりする事が出来るようになり、散歩も20 ~ 30分続けて歩けるようになれば大丈夫でしょう!65歳以上の方の腰痛は、徐々に徐々にと腰背部を鍛えることによって症状を緩和し、治してゆきたいと思います。
 運動のあとはお風呂に入って腰を温めることも大事かと思います。 とにかく腰痛には休み過ぎは禁物です。体を動かすことによって免疫力が高まり、プラス 抵抗力もアップしていきますので頑張って下さい。

 寒くなりますのでお風邪など召しませぬ様に!
 健康な体を目標に頑張りましょう (^_^)v



  • POSTED at 2017年12月08日 (金)

お問い合わせ

TELTEL053-588-5000
FAXFAX053-588-5001
医療法人社団 三誠会
北斗わかば病院
住所:
静岡県浜松市浜北区於呂3181番地1
詳細はこちら
北斗わかば病院リクルートサイトバナー
事業計画及び財務内容の公開

医療法人社団 三誠会の事業計画や財務内容を公開しています。当院に於いて閲覧可能です。財務課にて対応致しますので事前にお電話にてお申し込みください。