*師走 Dr. 長嶋の医療コラム* 

サイト内検索浜松市のホームページ制作・スマートフォンサイト・高機能CMSサイト管理画面

Home > お知らせ&医療コラム > 医療コラム > *師走 Dr. 長嶋の医療コラム*

医療コラム

*師走 Dr. 長嶋の医療コラム*
いよいよ寒さ本番です!皆様如何お過ごしでしょうか?!もうインフルエンザワクチンの接種はされましたか?もしまだ接種されてないようでしたら、成るべく早く是非当医院の外来をお訪ね下さい!!

さて、今日のお話は『いびき』です。最近いびきをかくようになった、以前から大きい『いびき』と言われて困っていたという方は、案外大勢みえるのではないでしょうか。

いびきはのどの粘膜と舌と咽頭・喉頭との共同作業でおこります。とくに舌が空気の通り道である咽頭・喉頭を狭くした時に、空気の通過音として起こるもののようです。

この『いびき』は飲酒後、風邪をひいた時、睡眠薬を服用した時など、一時的に起こる場合はそれ程問題になりません。いびきの原因は他にも、中高年者では舌やのどの筋力の衰えによったり、扁桃腺や咽頭扁桃が大きかったり腫れた時、鼻づまりのある時、或いは肥満の人などに起こりやすいとされています。

しかし一時的な『いびき』はさほど問題になりませんが、最近トラック運転中の事故などで有名になった≪睡眠時無呼吸症候群≫の場合は治療が必要になってきます。

この症候群の症状としては、睡眠中に咽頭・喉頭が舌でふさがってしまい、10秒以上呼吸が止まる状態が1時間で5~6回以上おこると≪睡眠時無呼吸症候群≫と診断されます。

こうなりますと熟睡しているつもりでも脳は睡眠不足となります。熟睡できずに日中脳が睡眠をとりたくなり、運転中などに出現して事故につながることがあります。

従って≪睡眠時無呼吸症候群≫なのかどうかを早く診断してもらい、治療をすることが必要です。

最近はこの症候群のための専門外来も出来ました。とりあえず一泊二日の検査で診断が可能であり、それに従い治療も可能となりました。(この病気の治療については少し専門的になりますので、ここでの記載は省きます。)

この≪睡眠時無呼吸症候群≫の場合には本人は気付かない事もあり、まわりの人から指摘されることも多いので、是非『いびきがひどい!』と言われた方には、外来受診をおすすめします。

勿論当院でも診断治療は可能ですので、お気軽に一度ご相談下さい!

  • POSTED at 2010年12月01日 (水)

お問い合わせ

TELTEL053-588-5000
FAXFAX053-588-5001
医療法人社団 三誠会
北斗わかば病院
住所:
静岡県浜松市浜北区於呂3181番地1
詳細はこちら
北斗わかば病院リクルートサイトバナー
事業計画及び財務内容の公開

医療法人社団 三誠会の事業計画や財務内容を公開しています。当院に於いて閲覧可能です。総務課にて対応致しますので受付窓口にお申し出ください。